沿革

クリニックぎのわん
2002年1月 クリニックぎのわん 開院
2008年7月 デイケアさんだん花
通所リハビリテーション事業所 開設
2012年6月 デイケアさんだん花
(介護予防)通所リハビリテーション事業部 開設
2014年4月 訪問リハビリさんだん花
(介護予防)訪問リハビリテーション事業所 開設
2015年6月 デイケアさんだん花・訪問リハビリさんだん花を
リハビリさんだん花へ名称変更
株式会社さんだん花
2001年11月 有限会社 環 設立
2001年11月 介護支援センターさんだん花・通所介護事業所 開設
2002年2月 介護支援センターさんだん花・居宅介護支援事業所 開設
2008年7月 居宅介護支援事業所→介護支援センター さんだん花へ名称変更
通所介護・介護予防通所介護事業所
→デイサービスさんだん花へ名称変更
2011年7月 さんだん花ガーデン 落成
サービス付き高齢者向け住宅 さんだん花ガーデン 開設
さんだん花ガーデンデイサービス 開設
さんだん花ガーデン整骨院 開院
2015年12月 ハピネスさんだん花 落成
サービス付き高齢者向け住宅ハピネスさんだん花 開設
ヘルパーステーションさんだん花 開設
2016年7月11日 有限会社 環を
株式会社さんだん花に名称変更
2016年8月1日 リハビリ型デイサービスさんだん花カデナ 開設

ロゴマークは、宜野湾市の花木

「サンダンカ」をモチーフにしました。沖縄では普段からいたるところで目にすることができます。生命力あふれる花です。

理念

  • 「心の平和・体の平和」
  • 「ピンピンピカピカ」
  • 「ぬくもりあるケア」

院長と代表の想い

クリニックぎのわん
院長 天願 勇

院長
創成期の3年間はバタバタして毎日困難続きだったけれど、困難の中から何とか立ち上がろう、立ち上がろうとして、明日ばかりを考えていた時期もあった。2代目代表になってからは何せ職員が変わったね、やっぱり自分たちがやらないといけないという意識が芽生えたんじゃないかな?「自分が思っていることをやりたい」という気持ちに変わったね、全員が協力してベストを尽くすチームみたいになっている。
代表
それは私も思います。5年間の最初の3年間で作りあげてきたものを、後2年間で成長させていく、これは変わったという言い方がいいのかわからないけど、これはこの先変わらないものにしていきたい。職場の明るさとか、みんなのコミュニケーションのうまさとか。変わらないものにしていきたい。
院長
さんだん花の理念だね。毎朝の朝礼でも欠かさず確認しているし、クリニックはクリニックでね・・・
代表
そうですね。最近は看護師さんも新しい人達だし、さんだん花の職員は経験が長く、サービス精神や利用者中心ということをすごく良く考えてくれているしね。

株式会社さんだん花
代表取締役 高里 荘子

院長
統合というスローガンは、最初の頃は焦点がぼやけていたけど、徐々に焦点が定まってきたような感じがするね。
代表
焦点がぼやけていたときは介護と医療しかなかったとき、介護なのか医療なのかどっちなのだろう?というのがあったけど、そこに『ウェルネス』っていう、体の平和・心の平和、ピンピンパタイという理念を立ち上げたことによって、バランスのとれた三本柱が出来た気がする。
院長
何かの縁があって集まり、色々な資格を持って自分で何か出来そうだなと思った、やる気に満ちた人達が集まったと思う。
代表
みんな同じ思いで集まった職員にあえて、きびしい言葉をかける必要はないと思う。
ただ職員がお互いに、足りない部分を補っていくことは大切。今は、職員達が成長してきている。
これまで以上に気持ちと願い(おもい)を一つにしていかなきゃいけないと思います。