統合医療センタークリニックぎのわん 統合医療センタークリニックぎのわん

HISTORY OF ISAMU TENGANHISTORY OF ISAMU TENGAN

STORY

医師としての 天命を生き 心と身体の健康を願う 勇ましく癌に 挑み続ける医師としての 天命を生き 心と身体の健康を願う 勇ましく癌に 挑み続ける
  • 1947

    沖縄県うるま市生まれ。

    19471947
  • 1958

    年11歳の時に29歳の若さの母親を癌で亡くし、母の仇を討つために
    医者を志しました。
    「癌という病気で亡くなったんだよ」と言われ遺骨の入った骨壷を
    抱いて納骨に行った記憶は、悲しいよりも悔しい気持ちが高じて仇を
    取ってやるという怒りの方が医師への扉を開いた。

    19581958
  • 1965

    鹿児島に着き初めて本土の土を踏む

  • 1972

    大阪市立大学医学部を卒業、医師免許取得、沖縄県立中部病院の
    外科で5年間研修医として従事

    19721972
  • 1976

    ハワイ大学臨床研修終了
    後の妻厚子さんと巡り会う

    19761976
  • 1977

    結 婚
    1977年から東京築地の国立がんセンター病院外科レジデント

    19771977
  • 1980

    がん専門医として国立療養所松戸病院
    (現:国立がんセンター東病院)にて外科部長赴任

  • 1982

    千葉県亀田総合病院ICU室長として赴任
    「患者第一主義」と「チーム医療」を1863年から150年追及して
    実践してきた米国のメイヨークリニックのような病院を目指した

  • 1984

    埼玉県医療生協羽生病院理事兼副院長として赴任

  • 1987

    中国吉林省長春、白求恩医大等で肺がん実験2千キロの旅に就く

    19871987
  • 1988

    故郷の沖縄で無医村だった沖縄中部の中城村に175床の
    「沖縄ハートライフ病院」を開設し、理事長兼病院長に就任

    19881988
  • 1997

    執刀医としてのメスを置いて、統合医療の道に向かうことを決意
    同年、日本病院会の常任理事に就任

  • 1998

    沖縄県中部地区医師会の副会長に就任
    同年、日本で初めて300床の全床個室化に踏み切り
    「心の平和・体の平和」という恩師に教わった行動原理を実現した

    19981998
  • 2001

    病気の予防・医療・介護サービスを統合した複合施設を
    天然温泉が沸く宜野湾大山に「統合医療センター」を開院
    有限会社環と介護支援センターさんだん花・通所介護事業所開設
    特定非営利活動法人日本医学交流会医療団理事に就任

    20012001
  • 2002

    介護支援センターさんだん花居宅介護支援事業所を
    介護支援センターさんだん花に名称変更

  • 2004

    妻厚子さん00歳子宮がんを患い永い眠りにつく

  • 2005

    日本医師会認定産業医資格取得

  • 2011

    通所介護予防通所介護事業所をデイサービスさんだん花に名称変更
    サービス付き高齢者向け住宅「さんだん花ガーデンを開設」
    さんだん花ガーデン整骨院開院
    国際統合医療学会主催

    20112011
  • 2015

    今後増え続ける認知症を始め、高齢者が安心して暮らせる
    住まである高齢者向け住宅「ハピネスさんだん花」落成

    20152015
  • 2016

    日本医学交流会会長就任
    ヘルパーステーションさんだん花開設
    リハビリ型デイサービスさんだん花カデナを開設
    有限会社環を株式会社さんだん花に名称変更

  • 2023

    米国Openventio Publishersで
    低分子量フコイダンとナタマメ抽出物で治療した
    子宮内膜がんの多発性肺転移の完全寛解について論文発表

  • 「望みあるところに光あり」 常にこの言葉を自身に言い聞かせて 一歩一歩前へ 「望みあるところに光あり」 常にこの言葉を自身に言い聞かせて 一歩一歩前へ 

    My way of thinking

    「望みあるところに光あり」
    常にこの言葉を自身に言い聞かせて
    一歩一歩前へ 

    統合医療とは近代西洋医学に補完・代替医療、伝統医療などを組み合わせた東洋医療の長所を取り入れた医療で患者第一主義患者目線の医療を目指すなら画一的な治療ではなく、患者をあらゆる面からみて、各人の生きた物語を読み説き、尊重する医療こそが人と人との全人的な医療を目指す。
    補完・代替医療とは西洋医学の範疇に入らない医療となるが整体鍼灸、アーユルヴェーダなどの伝統医療や免疫療法、薬効食品やサプリメント、ハーブ療法、アロマセラピー、ビタミン療法、精神・心理療法、温泉療法など多数存在する。
    代替両方の目的は自然治癒力、免疫力を高めることにあり、
    病気にならない体に戻すことを目指した。
    東洋の伝統医学は肉体のみならず、精神にも目を向け、自己の持つ自然治癒力や免疫力を高めながら疾病の治療を施していくことを基本とし、現代西洋医療と代替医療を融合させその患者に最適と思われる療法を作り出していくことが天願院長の望む統合医療である。

  • 医療と介護の2本柱は相互関係でなくてはならない。と考える天眼院長の考える在宅医療の基本医療と介護の2本柱は相互関係でなくてはならない。と考える天眼院長の考える在宅医療の基本

    My way of thinking

    医療と介護の2本柱は相互関係でなく
    てはならない。と考える天眼院長の
    考える在宅医療の基本

    「い」「ろ」「は」「に」「す」「めし」=移動、風呂、排泄、認知、睡眠、食事が基本であり、多職種が連携して情報を共有し親身なケアを行えば患者さんのADL(活動範囲)とQOL(生活の質)は保たれる。
    と考えます。患者さんのご自宅を訪問すると、さまざまな病気の要因が見えてきます。
    天願院長は患者さんと信頼関係を築き、生活の向上をアドバイスし、病気が芽のうちに摘み取って差し上げる。
    内科や外科の枠を超えて患者さんの生活全体を診ることができる往診をする医師が天願院長長年の夢でした。
    現在では訪問診療・在宅ターミナルケア・がんのセカンドオピニオン外来・低分子フコイダン療法に力を入れており、がんのセカンドオピニオンは千件以上行うエキスパートで患者さんの生活の質を重視した治療を行っています。
    一人ひとり健康づくりに取り組む空間、東シナ海を染める夕日を眺めながら地域の皆様と共に「ゆとり」ある健康的な街づくりについて語り合いたいと思います。

  • ぬくもりのある家族のようなケアぬくもりのある家族のようなケア

    My way of thinking

    ぬくもりのある家族のようなケア

    介護施設に通うお年寄りに雄大な眺望を楽しんでもらいたいという思いから妻厚子さんがこの地を選んだ。
    施設長として介護施設の経営に心血を注いだ厚子さんは開設3年目に子宮がんに倒れた。
    化学療法、放射線治療と治療を続けたものの、がんを完全に抑えることはできなかった。
    最期までの1年間、家族全員で介護にあたり妻の死を通して「命の尊厳」を再確認した。
    この体験は患者さんと向き合うとき、話を遮ったり、目をそらしたりせず全てを傾聴してからアドバイスをする姿勢として生かされている。
    死の直前まで元気に自分らしく生きる「ピンピン・パタイ」の精神など厚子さんから学んだ患者の心を患者さんに返していきたい。
    母に授かった天職を続け、妻への感謝

PROFILEPROFILE

PROFILE

沖縄県立中部病院外科レジデント修了
国立ガンセンター病院 外科レジデント修了
国立療養所松戸病院(現 国立がんセンター東病院) 外科医長
千葉県亀田総合病院 I.C.U 室長
埼玉県医療生協 羽生病院 理事 兼 副院長
沖縄ハートライフ病院 開設 理事長 兼 病院長
特定非営利活動法人 日本医学交流教会医療団 
理事
統合医療センター 開設 
クリニックぎのわん 院長
日本医学交流協会 会長
特定非営利活動法人 日本医学交流協会医療団 
会長

書 籍 紹 介

  • がんと生きる
    • 書籍名 :がんと生きる
    • 著 者 :天願勇
    • 協力:白畑實隆
    • 出版社 :幻冬舎
    本を購入する
  • がんと生きる
    • 書籍名 :がんに克つ
    • 著 者 :天願勇
    • 出版社 :本分社
    本を購入する
  • さんだん花のロゴマークは「手足を大きく広げて喜びを体中で味わっている人」をあらわします・大きな花ではなく、小さな花をたくさん咲かせてね!と言い残して天国へ旅立った。さんだん花のロゴマークは「手足を大きく広げて喜びを体中で味わっている人」をあらわします・大きな花ではなく、小さな花をたくさん咲かせてね!と言い残して天国へ旅立った。
  • さんだん花のロゴマークは「手足を大きく広げて喜びを体中で味わっている人」をあらわします・大きな花ではなく、小さな花をたくさん咲かせてね!と言い残して天国へ旅立った。さんだん花のロゴマークは「手足を大きく広げて喜びを体中で味わっている人」をあらわします・大きな花ではなく、小さな花をたくさん咲かせてね!と言い残して天国へ旅立った。

さんだん花のロゴマークは「手足を大きく広げて喜びを体中で味わっている人」をあらわします・大きな花ではなく、小さな花をたくさん咲かせてね!と言い残して天国へ旅立った。

共に歩み、伴走した日々

walk together,
The days when we accompanied each other

一覧を見る

memoirs手記一覧

  • All
  • CATEGORY01
  • CATEGORY02
手記一覧を見る
BACK TO TOP